スポンサーリンク

治らない肌荒れ、原因はアルコールアレルギーかも?

すぐに肌荒れしちしゃうし、敏感肌用でさえ合わないこともあるし、私ってものすごい敏感肌!と思っていたのですが、どうやらただただ敏感なんじゃなくて「アルコール」に強く反応してしまうみたいです。

  • お酒を飲むとすぐ真っ赤になる
  • 注射前の消毒で赤く腫れる
  • 化粧水をつけると痒くなることがある

こんな症状のある方、もしかしたらあなたもアルコールにアレルギーがあるのかも知れませんよ。

アルコールアレルギーに気づく

化粧水をつけるとヒリヒリしやすい私。敏感肌用、ヒアルロン酸入り、色々試したけどどれも合わず、「いっそ化粧水なしで」とクリームだけ塗ってみるものの今度は酷い乾燥に悩まされ…長年“化粧水難民”になっていました。

そんなある日、インフルエンザの予防接種に行った時のこと。注射の消毒の際に赤くなりやすいと伝えたところ「じゃあ肌が弱い人用のもありますよ〜」と言われたのでお願いすると、いつもほどではないもののやはり赤みが。看護師さんはビックリして「あなた物凄くアルコールに“アレルギー”があるのね。飲酒には気をつけてね。」と言われました。

それまでは、ただ「消毒で赤くなりやすい」という認識だったのが、その時初めて「あぁ私、アルコールアレルギーなんだ!」と自覚したのでした。

エタノールフリーを使うと…

そしてふと思い当たったのが「化粧水ってアルコール入ってたよね?」ということ。肌に合わなかった化粧水の成分を見てみると、やはりありました…“エタノール”の表記が。

そう、エタノールはアルコールの一種なんです(エチルアルコールと表記されることもある)。皮脂や汚れを浮かして取り除いたり肌を引き締める効果があるため、また、防腐効果や水や油に溶けにくい成分を均一に混ぜる目的で、広く化粧水に使用されているんです。

そこですぐさまエタノールフリーの化粧水を探して使ってみると…なんと長年の悩みだった、化粧水を使ったあとの痒みや赤みが全くなくなり、肌荒れせずに保湿が出来るようになったんです!

オススメのエタノールフリー商品

今となっては「元々お酒に弱いんだから、もっと早く気付けよ!」と思うんですけどね(笑)まぁそれはさておき。最近は化粧水に留まらず様々なエタノールフリーの基礎化粧品を試しており、現時点で、効果とコスパの両方の面で「これいい!」と思ったものを最後にご紹介しておこうと思います。

モイストプラセンタローション(ウェルパーク)

無添加無香料無着色料パラベンフリーエタノールフリーを謳う化粧水でありながら、プラセンタまで配合されているという、なんとも嬉しい化粧水です。

さらに凄いのは400mlたっぷり入って1480円(Amazon調べ)というコスパの良さ。エタノールフリーとか無添加とかが売りの商品って高いんですけどね。

少しとろみがありますが、馴染ませればファンデがよれることもありません。

② D濃密美容液PL(DAISO)

エタノールフリーを探し続けていた中で、一番ビックリしたのがこちら。なんと100円均一の大御所ダイソー様がエタノールフリー、しかも無香料・無着色・無鉱物油の美容液をお出しになっているんです!

100円均一と言いつつ200円300円の商品も並べちゃうダイソーだけど、この美容液は正真正銘100円(税別)。15mlと内容量は少ないものの付属のスポイト数滴で効果が出るので、意外と長持ちします。

しかも効果も抜群で、私はプラセンタを化粧水の後に肌に直接足しているのですが、毛穴が目立たなくなるし、少量でもしっとり潤います。そして更に嬉しいのが、

・しっとり ふくっら肌 ヒアルロン酸
・弾むハリ うるぷる肌 コラーゲン
・透明感 うるうる肌 プラセンタ
・なめらか つやつや肌 ローヤルゼリー

4種類あるところ。お肌の状態に合わせて選びましょう…ではなく、全部揃えても400円(税別)ですよ!もうこれは全部揃えて、肌に効果が高いものを見極めるなり全部混ぜて使うなり、贅沢に使うべし!

③ ヒルメナイド 油性クリーム【第2類医薬品】(matsukiyo)

一時期、皮膚科の不正受診で問題になった「ヒルドイド」。そのヒルドイドに含まれる、ヘパリン類似物質が配合されたクリームが「ヒルメナイド」です。

なんとこれ、ドラッグストアのマツモトキヨシプライベートブランド商品なんです。なのでマツキヨに行けば買える…つまり皮膚科に受診しなくても買えるので、お仕事や家事育児でなかなか時間の取れない女性にはもってこいですね。

50g 1280円なので皮膚科受診料+ヒルドイドの代金を考えたらかなり安いですし、ヒルドイド同様に高い保湿効果を発揮してくれます。

しかし…究極の美容クリームと謳われたヒルドイドですが、実はシワやシミなどに対する保湿以上の美容効果はほぼありません(シワやシミは、ヒルドイドに限らず何らかの「保湿」対策によって改善するものなので、これがヒルドイド特有の効果ではないのです)。

なので私は化粧水→美容液→フタ代わり(乾燥防止)にヒルメナイドを塗る…という使い方にしています。

お酒に弱い方はエタノールフリーを試してみては?

アルコールが原因だとわかり肌荒れが治ったのも嬉しかったのですが、化粧ノリも良くなり、メイクが楽しくなったんです。

肌がいい状態だと「昔と変わらないね」「若返った?」と言われるようになったり、肌色も明るくなったため「疲れてる?」と訊かれることもめっきり減りました。

もし肌荒れに悩んでいて「お酒を飲むと赤くなる」と自覚のある方は、エタノールフリーを試してみてはいかがでしょうか?

一緒に、美肌で実年齢-10歳を目指しましょう!